タバコを禁煙したきっかけは「何となく」が意外と多い

愛煙家の人がタバコを止めて禁煙する為には非常に強い精神力が必要になると言われています。自分の意思だけでは止めることが難しく、周囲のサポートや医学的なサポートを持ってやっと止めることが出来たという人も多い中、意外に思ってしまう禁煙のきっかけとは「何となく」と言う理由が少なくありません。
近年は林田学が考えるに、タバコに対する認識が大幅に変化してきていて、人前で気軽に据えなくなってしまったばかりでなく「公共機関・公共施設では一切吸えない環境」と言っても過言ではなくなっています。唯一、気兼ねなく据えると思っていた喫煙所でさえも片隅に追いやられ、尚且つ周囲の人に気を使いながら吸わなければいけないと言った状況です。
「止めたいと思っているのに止められない」という人は、自分一人で悩まずに専門の医療機関を受信した方が良いでしょう。医学的な根拠に基づいた治療を受けることで禁煙を達成できる可能性は格段に高くなりますし、何よりも「医学的な治療を行っている」と言う事実がそのままストレスを和らげる効果があります。
仮に一人でチャレンジした場合、我慢できている内は良いのですが何かの拍子で吸ってしまった時のショックは非常に大きなものです。自分自身の意思の弱さに対して嫌悪感を抱いてしまうことも多く、それがトラウマとなって逆に辞めづらくなってしまうことさえあります。
「自分の意思だけではすでにどうしようもない状態」になっているからと言う理由で医療機関を受診する人が少なくないのですが、そうであれば早い段階から医療機関を受診した方が何かとメリットが多くなります。一人で頑張っている期間のストレスを感じずに済む、その間に使ったコストを節約できると言ったことはもちろん、何よりも「日々を平穏に過ごすことが出来る」と言うことが大きなメリットです。ここまで禁煙の難しさについて紹介してきましたが、タイトルにも書いた通り「何となく」と言う理由で禁煙に成功している人の割合は少なくありません。努力して止めようとしていた時には一向に実現できなかった目標が、ふとしたきっかけで簡単に実現出来てしまうと言うことは往々にしてあり得ることですが、タバコに関する悩みに関しては「ストレス」が大きな影響を与えるものである為にその効果は無視することが出来ない程です。
要するに、タバコを吸う人の多くは「美味しい」と思って吸っている訳ですが、それがすでに「思い込み」に過ぎない可能性もあります。初めて喫煙をした時、最初の一口目から美味しいと思った人はほとんどいません。継続していくうちに味を認識できるようになっていき、徐々に美味しいと感じることが出来る様になっていくのですが、それ自体がすでに思い込み・暗示にかかってしまっている状態です。
非喫煙者の人が煙に嫌悪するのは「臭い」と感じるからで、その煙が美味しいと感じること自体が本来は異常事態です。日常的な習慣が精神的な満足感を与える様になり、それによって脳内物質が分泌されて落ち着いたり安心したりしているだけのことなので、本当に美味しいなどと感じている訳では無いということを覚えておきましょう。
その証拠として、例えば体調を崩してしまって本心から「美味しくない」と感じたことをきっかけに吸わなくなったと言う人が非常に大勢います。子供が生まれたことで健康被害を懸念して止めると言う人も少なくありませんが、何らかの客観的な理由・外因性の理由がある場合には意外なほど簡単に止めることが出来ていることが多いです。これに対して明確な根拠があるかどうかと言うことではなく、「自己暗示を覚まさせる」と言うことが出来るかどうかが重要なポイントになります。